ねずみは害獣であり、退治しなければいけません

ねずみは凶暴な害獣です。ペット用のハムスター等は可愛いものですが、野生の世界に生息するねずみは凶暴であり、人家などに忍び込んでは食べ物を食い荒らします。



食い漁られた食べ物はダメになります。

ねずみの口や体には危険な雑菌が大量に付着しているためです。ただ食べ物を食べられるだけなら、まだマシかもしれません。
しかし、雑菌がパンやお米に付着すれば、病気の原因になります。実際に感染症のリスクが跳ね上がりますので、人家や倉庫に侵入されたら、それだけで大きな危険です。

小さな体の害獣なので、なかなか見つける事は困難です。


見つけ次第、退治するというよりも、そもそも侵入されない仕組みを作りましょう。

それが良い退治の方法です。


また既に巣が自宅周辺に出来てしまっている場合は、専門業者への相談も大事です。



巣レベルでねずみ退治をするのは至難の業、素人だけでは危険が伴います。

害獣に手などを噛まれたら、そこから雑菌が入り込み、やはり感染症などのリスクが跳ね上がります。また自宅周辺に巣があると、ペットや子供が噛まれる等の被害もあります。



専門業者に相談すれば、巣レベルで一網打尽にしてくれます。

退治の相談にはコストが要ります。

しかし、一度の相談で巣が一網打尽になりますので、決して高い事はありません。それこそ被害が出てからでは遅いです。

ごく普通の民家でも害獣に侵入される恐れは高く、ちょっとした食べ物や備蓄の食料が有るだけでも、害獣のターゲットにされてしまいます。