ねずみ退治の難易度の高さ

ねずみ退治は失敗する人が続出します。



とくに気が短い人は殺鼠剤を使っても、効果が出る前にやめてしまうので、未来永劫悩まされることになります。


小さな動物ですが、細菌を運んだり、ダニやノミを家の中に持ち込むことで害獣扱いされていますが、放置せずに対処すれば、恐れることは何もありません。


ダニとかノミはねずみを退治しないと知らぬ間に家の中で繁殖してしまいます。とくにノミは家族の血を吸って、足などに真っ赤な斑点を残すので、足を出して歩くのが恥ずかしくなります。

一度に何度も血を吸うので、赤い斑点がふくらはぎなどに密集するので、何か変な病気になったのではないかと勘ぐられることもあります。

ねずみ退治をしようと思った時に、たいていの人はホームセンターで殺鼠剤を購入します。

この薬剤は餌に混ぜて使うのですが、普段食べている餌とは色や形が違うので、なかなか食いついてきません。


何日か設置したままにして何も変化がないと、そこでやめてしまう人が多いのですが、実は一週間くらい待つと警戒心を解いて餌を食べてくれることが多いので、気長に待ってみることが大切です。



忌避剤はハーブが主原料になっているので、安心して家中に使えます。


通常は庭の回りなどにまいて、家の敷地に入り込まないように使いますが、実は屋根裏や外壁のひび割れから入ってきているので、地面にまいてもあまり効果はありません。



ねずみ退治に精も根も尽き果てた人は業者に依頼をすれば、数日でねずみ退治をしてもらえます。